配布物としても活用可能

配布物としても活用可能 現代では広告の種類も多くなり、宣伝効果が高いものも多くなってきました。特に幅広い広告として昔から行われてきた方法は、チラシなどを用いた紙媒体のものですが、最近ではマグネット広告を活用するところが多くなってきています。
例えば、折り込みチラシをメインに広告活動していた会社は反応率の低さに悩みを抱えていましたが、既存顧客のリピート率の向上に絞ってマグネット広告を配布する取り組みを行っています。また、イベントなどの際にポケットティッシュを配ることで宣伝を行っていた会社は、受け取り率は良いものの一過性の宣伝効果しかないデメリットを打開すべく、マグネット広告の活用を始めました。別の例として、外食産業では割引クーポン券を配ることが一般的に行われていますが、ミシン付きのマグネットシートクーポンを今までの紙媒体のクーポン券に変えて配布するところが出てきました。マグネット広告は家庭や職場などで目につく場所に張り付けておくことができるので、宣伝効果が高くなることが導入するメリットです。

印象的なイラストを活用

印象的なイラストを活用 マグネット広告というものをご存知ですが。国内では主に、水道修理会社・鍵のトラブル・ガラスの張り替えといった日常生活に関わるサービス業種で使用されている広告です。表面に各サービス会社の名前と電話番号を大きく記載していて、冷蔵庫や玄関ドアなど目につきやすい場所に貼っておけるようになっています。
マグネット広告は活用しやすいアイテムなので、受け取った方は捨てずに使用されることが多く広告としては良い宣伝効果のあるものといえるでしょう。しかし、会社名と連絡先のみしか記載していないと何のサービスを実施しているところなのかわかりません。そこで印象的なイラストを全面に描くことでより高い宣伝効果を発揮させることが可能です。例えば水道修理会社であれば、蛇口から水漏れが起きているイラストを描いておけば、水道トラブルを解決する会社だと一目でわかります。人気があるキャラクターを起用するのも印象操作として良く、広告の価値も飛躍的にあがります。