当サイトではマグネット広告の活用アイデアについて詳しく言及されています。
この広告媒体は広報活動において広く利用できるものです。
当広告手法を採用するメリットには様々なものがあり、消費者に保管される秘訣も書かれています。
その他、導入しやすいサイズやデザインについても詳しい解説がなされます。
何よりも、マグネットを使った広告は配布物として利用が可能となります。
また、使い方次第では可能性が広がるのが強みとなります。

マグネット広告の活用アイデア

マグネット広告の活用アイデア マグネット広告は片面にマグネットがついており、冷蔵庫やスチール家具などに貼ることができる宣伝媒体です。
もう片面はフィルムでコーティングされており、防水性にも優れているのが特徴です。
色やデザインに関しては豊富に揃っており、自社の広告を自由にアレンジできるのが魅力です。
柔らかい素材でできており、自由に加工できるのもメリットです。
一般家庭などには、郵便受けにマグネット広告が入っていることがあります。
この広告媒体は場所を取らないので、気軽に保管される傾向があります。
この媒体は好きなようにアレンジでき、書類などのメモ止めとして活用されています。
その他、好きな写真を止めておくのにも重宝するわけです。
その他、マグネット広告はアイデア次第で色々と活用できるのがメリットです。

マグネット広告はさまざまな宣伝に活用されています!

マグネット広告はさまざまな宣伝に活用されています! 効果的に会社の宣伝をしたい、すぐ捨てられずに持続効果のある広告を取り入れたいと考えている企業も多いでしょう。
水道トラブル関係や不用品回収業者しかイメージにないかもしれませんが、他にもさまざまな宣伝に活用されているのがマグネット広告です。
今まさに需要が増えてきている出前や宅配食もその1つです。
生活と食は切っても切り離せないもので、個人の嗜好が出やすいのでリピートする確率も高くなるためマグネット広告が最適です。
広告と言えば、ひと昔前まで折り込みチラシやポケットティッシュが主流でしたが、すぐに捨てられてしまうデメリットがありました。
マグネット広告なら冷蔵庫や家具に貼ることができるので目につきやすく効果的です。
また、クーポン券をマグネットタイプに変更するお店も。
わざわざ切り離す手間もなく、手のひらサイズなので持ち運びも簡単なうえ、再利用も可能です。
社用車に活用している企業も増えています。
マーキング施工等の方法もありますが、きれいに剥がせるかどうかもポイントになってきます。
マグネット広告なら貼りやすく剥がしやすいため、訪問する顧客の希望やシーンによって着脱可能。
自由自在に対応できるメリットがあります。

冷蔵庫にはりつけてもらえるマグネット広告

マグネット広告の利点は、自然な形で製品やサービスをアピールできるところです。
マグネット広告には、文字通り磁石が取り付けられています。マグネット広告をもらった主婦や主夫の方々は、自宅の冷蔵庫にはりつける事が多いです。
毎日欠かさずに利用するキッチンにマグネット広告があれば、主婦や主夫の方々の目に触れる機会は自ずと増えます。
ノベルティグッズとして大変優秀であり、違和感なくライフスタイル関係の製品やサービスをアピールしたい場合に最適です。
色々なサイズやシルエットのデザインが選べるのも、マグネット型の特徴です。
コンパクトなサイズなら、制作に掛かる費用が安く抑えられます。
変わったシルエットのデザインにすれば、自社広告が目立たせます。
複数のマグネットが冷蔵庫にはりつけられていても、オリジナリティがあふれるデザインにしておけば、アピール力は抜群です。
製品名やサービス名だけではなく連絡先やホームページアドレスなどを印刷する事で、ユーザーへの宣伝効果が高まるでしょう。

写真データを用意してマグネット広告を制作する

マグネット広告は、ノベルティグッズとして最適です。
マグネットは利便性に優れた雑貨でもあり、主婦の間でも人気が高いです。
冷蔵庫やメタルラックなど色々な場所に取り付けられるのが、マグネット広告のメリットです。
普段から主婦の方が目にする場所に、自社のマグネット広告があれば、自然な形で製品やサービスを宣伝できます。
マグネット広告に印刷したいのが、自社製品の写真です。
文字だけでは、なかなか製品の雰囲気やサービスのイメージを不特定多数のユーザーへ届ける事が困難です。
高品質な写真データを用意し、それを専門会社に印刷してマグネットにしてもらいます。
マスコットキャラクターのデータを用意し、そちらを印刷してもらうのも良いアイデアです。
一つの製品やサービスではなく、自社全体のイメージアップや知名度アップを狙いたい場合は、親しみをもってもらえる可愛いキャラクターや契約中の有名人の画像を全面的に押し出して、広告に掲載するのが良い宣伝戦略となります。

マグネット広告と、写真の印刷が美しく長持ちすることが大切なことについて

よく知られているマグネット広告には、ご家庭の冷蔵庫に貼られている水道修理のカードサイズのものがあります。これはチラシと一緒にポストに投函されていますが、社用車に貼られているタイプも多く、自然と目に入るのが特徴です。 マグネット広告は会社やサービス内容の宣伝のために作られ、紙の広告とは違い年単位で長持ちします。かかるのは初期費用だけというのが魅力で、コストパフォーマンスが良いといえます。
一度作れば5年くらいは使用でき、以後広告の効果が期待できます。
製作している業者は多くあり、品質のいいものを作っているところかの見極めが必要です。マグネット広告なのですぐに剥がれたり、広告内容や写真が見えなくなるようでは困ります。
せっかくのデザインが色褪せたりしないように、しっかりしたマグネット広告を作る業者に依頼しましょう。
車に貼るようなタイプは大きなサイズもあり、枚数も1枚でよかったりします。依頼する際には事前に、最少作成枚数についてとデザイン料については確認しておくのがおすすめです。

カットして利用できるマグネット広告は非常に便利

マグネット広告は様々な情報を掲示する際に非常に便利なものですが、使い方によっては大きすぎると言うことも少なくありません。
この場合には肝心な情報を隠してしまったり、また大きすぎるためにしっかりと固定することができないと言う場合も多いものです。もう少し小さければ便利に使用することができるのですが、逆にそのサイズが問題となり利用されないと言うことになる場合も多いため、この点には十分に注意が必要です。
マグネット広告を効果的に利用してもらうためには、適切な大きさにカットして使うことができるものが非常に便利となっています。
そのまま使いたい場合にはそのまま利用することができ、小さいものが欲しい場合には自分でハサミで切るなどして使いやすい大きさにすることが出来るようになっていると、様々な場面で使われるため、広告宣伝効果も高まります。
最近ではマグネットの品質も非常に良くなっており、これを効果的に利用することでより高い広告宣伝効果を上げることができるので、注目される方法となっています。

マグネット広告のデザインについて知りたい

ときどき家のポストなどに、水道業者などの宣伝が印刷されたマグネットシートが投函されています。ピザや宅配寿司、不動産などの広告は紙のチラシが多いけれど、マグネットシート(マグネット広告)は水道工事業者のものが多く見られます。
宣伝文句などのキャッチコピー、サービスの概要や電話番号と会社名などを入れた名刺大か一回り大きいくらいのサイズが一般的でしょう。
入れ込む情報はある程度は定型なので自分でパソコンを使ってデザインを作って入稿することもできますが、できない人に対応してくれる会社も多いです。会社名や電話番号、PRしたいことなどマグネット広告に「入れこみたい素材」をファクスなどで送れば、業者がデザインデータを作成してくれます。
会社のロゴマークや写真などを入れたいときは、それらを別にメール添付などで提出すれば、うまくレイアウトしてくれます。
自分でレイアウトを作って完全なデータとして入稿すれば安く済みますが、お任せでも5000円くらいで作ってくれる業者もあります。

マグネット広告の相談や依頼をするなら専門店

マグネット広告というと表面が印刷で裏面が鉄などにつく磁石という、割と見かけることが多い広告の種類ではないでしょうか。
マグネット広告は接着剤不要で貼りつけることができるので、綺麗に剥がしやすく貼り替えて内容を変えるのも容易です。
またサイズも様々で名刺サイズから制作可能ですから、一般家庭向けの実用的な宣伝広告ツールとして活用されています。
マグネット広告に興味を持って制作の相談や依頼を検討するなら、断然取り扱いに長けている専門店をおすすめします。
専門店なら豊富なサイズを取り扱っていますし、依頼を受けた実績や制作に関するノウハウにも長けているので、相談相手として最適です。
デザインのアドバイスがもらえたり、より効果的な見せ方を知っている可能性もありますから、相談してみる価値は十分にあるといえます。
コスト面においても安くマグネット広告が制作できる可能性に繋がるので、やはり片手間に提供しているお店よりも、特化型のお店の方が相談しやすく前向きに依頼を検討できるのではないでしょうか。

マグネット広告の専門店で注意すべき点は最低ロット数をあげられます

マグネット広告を販売促進用として製作を希望する会社の場合、依頼先はネット上で営業をしている専門店があるので、欲しいサイズと必要な機能性などを確認することと、デザインの入稿方法を確認すること、そして最低ロット数を確認することはかなり重要です。
専門店側ではホームページに1枚当たりの単価と作成事例の写真を掲載していることが多いのですが、この単価は既定のロット数での単価になるので十分に注意しないと無駄な時間を費やしてしまいます。
実例の中にはマグネット広告は最低ロット数を100枚としていることが多く、少ない枚数でも50枚からなどまとめて発注をすることを前提にしています。
一般的な会社や店舗の場合では、100枚という単位で多過ぎると感じてしまうことは少ない傾向にあるので大きな問題にはなりませんが、1ロットで100枚の場合、更に数量を増やして発注をすると割引を適用させている専門店もあるので、お得にマグネット広告は作り出せます。

耐水性のあるマグネット広告の料金が知りたい

マグネット広告と聞くと、家のポストに入っている水道工事業者などの宣伝用マグネットシートを思い浮かべる人も多いでしょう。
でもマグネット広告は屋内だけでなく、「地域安全パトロール」「産業廃棄物収集運搬車」「送迎中」といった文字を印刷して、車に貼って使うこともあります。その場合は屋外使用となるので、雨や日光にもさらされるため耐水性が必要です。
耐水性のインクを使ったりUVカットラミネート加工のものが販売されているので、どのくらいの耐水が必要かを相談して決めましょう。
少量のロットで注文できる業者もありますが、大量注文で格安で印刷してくれる会社もあります。
55mm×55mmの小さめの定形サイズだと10枚で5000円台~、210mm×297mmのA4サイズだと5枚で7000円台~など、料金はさまざま。
1枚でも10枚でもほとんど値段が変わらないこともあるし、デザインを自分で作るかどうかなどでも料金は変わるので、いろいろな業者を比較してみてください。

マグネット広告を作成した後に選べる配布法

企業や店舗系を運営している場合、販売促進を兼ねてマグネット広告を作成することは良くあることです。ネット上に専門店がいくつかあり、殆どの専門店で低単価で品質の高い素材、綺麗な塗装を行っているので自作品では難しい範囲でも問題とせずに受注をしています。
マグネット広告を制作する前には、予め配布法を検討しておかないと機能性をフルに発揮することはできません。
この選択肢は企業や店舗により違いはありますが、地域密着で営業をしている場合では、ポスティングの方法を選んだり、新聞の折り込みチラシとして配布する方法、店舗前や人が多く集まるような場所で路上で配布する方法も利用できます。
地域限定として狭い範囲でマグネット広告を使うのではなく、広範囲に宣伝を行うことを希望している企業の場合は、DMで発送する使い方も効果はあります。
他には企業や店舗で何らかのイベントを開催する時にも来場者に配布する使い方もあり、最も宣伝効果の高い方法から優先すると売り上げアップに貢献できます。

マグネット広告に関する情報サイト

マグネット広告はお任せください